行事食


当月実施行事食

次月実施行事食

年間行事食詳細

おすすめレシピ



1月実施行事食

お正月献立~元旦~

・ご飯
・生麩入りお雑煮仕立て
・おせち盛り合わせ
・青菜の煮びたし

お正月献立~2日~

・ご飯
・海老の鬼殻焼き/松風焼き
~金柑甘煮・菜花添え~
・柿なます
・茶碗蒸し
・果物

お正月献立~3日~

・菜飯ご飯
・おせち煮
・白菜と柚子の酢の物
・味噌汁

七草

・ご飯
・鰆の南部焼き~人参甘煮添え~
・南瓜の甘煮
・酢の物
・一口七草粥
・果物

成人の日に思いをよせて

・赤飯
・揚げ魚の野菜あんかけ
・和え物
・清まし汁
・果物盛り合わせ

鏡開きの日にちなんで

・ご飯
・鯖のムニエルマルセーユソース風
・きゅうりとわかめの酢の物
・よもぎ生麩の一口ぜんざい仕立て
・漬物

郷土汁シリーズ第8弾~熊本のだご汁~

・ご飯
・ぶりの照り焼き~人参甘煮添え~
・かぶの冷製煮
・熊本のだご汁
・果物

寒さ厳しい頃

・五目うどん
・南瓜の甘煮
・胡瓜の生姜和え
・牛乳

料理豆知識~「おでん」とは~

・茶飯
・おでん
・ほうれん草ごま浸し
・果物

 

2月の行事食予定

明日は節分

・太巻き寿司/赤飯
・里芋のそぼろあん
・小松菜の煮びたし
・果物
・福豆

 

郷土汁シリーズ第9弾~新潟の「のっぺい汁」~

・ご飯
・ぶりの照り焼き~人参甘煮添え~
・かぶの冷製煮
・新潟ののっぺい汁
・果物


 

バレンタインデー

・昔なつかしのナポリタン
・コールスロー
・コンソメスープ
・手作りチョコレートプリン

 

「おかめうどん」紹介

・おかめうどん
・南瓜の甘煮
・胡瓜の生姜和え
・牛乳

 

早春の味覚

・菜飯
・鯖の塩焼き~菜の花浸し花型人参添え~
・じゃが芋の白煮梅生麩添え
・白菜と胡瓜の酢の物
・果物盛り合わせ

 

お楽しみ食~油淋鶏~

・ご飯
・油淋鶏~ピーマンソテー添え~
・手作りドレッシング和えサラダ
・じゃが芋としめじの中華炒め

 

 

荏原病院行事食

 当院では、少しでも入院中の楽しみや癒しとしていただけるように、月に4回程度季節に応じた行事食を提供しております。これまでに、当院でお出しした行事食を紹介いたします。
 行事食名をクリックしていただきますと、詳細がご覧になれます。随時更新していく予定です。また、今後は献立詳細もご覧になれるように更新していく予定です。どうぞ、栄養科ホームページにお立ち寄りください。

おすすめレシピ【よもぎ生麩のぜんざい】

今月のおすすめレシピは、「鏡開き」の行事食の際、当院で提供した「よもぎ生麩のぜんざい」を紹介します。
本来、「ぜんざい」というと餅や白玉団子を甘く煮た小豆とともに食べるのが一般的ですが、病院では高齢の方でも召し上がりやすいように「生麩」を使用したぜんざいとしました。
生麩の食感はもちっとしていますが、お餅程くっついたりのびたりせず、とても食べやすく汁粉との相性もばっちりです。最近は、関東でもスーパーなどで見かける身近な食品です。
小豆をじっくり炊いて程よい甘さに仕立てた汁粉に入れて是非召し上がってみて下さい。

【材料】(2人分)
  生麩(よもぎ) 14g
  小豆
20g
  水(茹でこぼす分は含まず) 100g
  砂糖 13g
  塩           
少々
【作り方】

① 小豆と小豆がかぶる程度の水を鍋にいれ火にかける。沸騰したら茹でこぼし、これを2回行う。
② 2回茹でこぼした小豆と水(小豆の約5倍量)を入れ火にかけ、柔らかくなるまでじっくり炊く。
途中アクを取りながら、差し水を適宜行う。
③ 小豆が軟らかくなったら、砂糖、塩を加え味を整える。
④ 生麩は好みの大きさにカットし、茹でておく。
⑤ ④を器に盛り、最後に茹でた生麩を添えたら出来上がり。
☆ポイント:

小豆は「渋抜き」と言われる茹でこぼしを2回程度行いましょう。また、小豆を煮る時は焦げないように注意しましょう。
一から炊いたぜんざいは、手間をかけた分格別ですね!是非、お試しください。

▲TOP