入院中のお食事は?


(1)病院食は3つの役割を担っています
  1. 入院患者さんの栄養状態を改善し、疾患の治癒・病状回復の促進につなげます
  2. 退院後も継続して食事療法を継続するめのお手本となる食事としています
  3. 入院生活の癒しと潤いにつながる食事としています
病院食は3つの役割を担っています

 

(2)病院食は大きく2つに分類されます

一般治療食:治療上、特別に栄養素の増減を必要としない食事

  • ライフステージ別に離乳食、幼児食、妊産婦食などを設定
  • 病状回復のため、食生活の手本となるような料理・献立

朝食

昼食

夕食

特別治療食:疾病治療のために、栄養素の増減や食材・食形態の工夫が必要な食事

  • 栄養成分を調整
    例)エネルギーコントロール食、塩分コントロール食など
  • 食材や食形態を考慮
    例)潰瘍食、胃術後食

<胃術後食(6回食)>

朝食

昼食

夕食

10時分食 15時分食 20時分食
(3)管理栄養士が約120種類に分かれている治療食すべての献立作成をしています
その献立をもとに、「安心・安全においしく」を第一に考え、様々な工程を経て365日毎日、3食の食事提供を行っています

調理室内の様子

スチームコンベクションオーブンでの加熱

盛り付け作業

再加工作業

管理栄養士は、食事提供業務の状況を把握し、
履行状況を確認しています

 

(4)食べにくい患者さんへは、食形態を調整しています

咀嚼嚥下機能に合わせて形態を加工

咀嚼嚥下機能に合わせて形態を加工

 

(5)脳血管疾患や加齢により摂食嚥下機能が低下した患者さんへは、嚥下調整食(日本摂食・嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食2013と適合)を用意しています
当院では、口腔嚥下ケアチームが活動しており、毎週、主治医より依頼のあった患者さんを回診し、状態に合わせた食事形態、内容を提案し「口から食べる」ことに努めています

調整食の調理の様子

調整食の調理の様子

ゼリー食(調整食1j)出来上がり例

調整食の調理の様子
(6)安心・安全でおいしい食事を

命を支える栄養、経口からの栄養管理が私たち管理栄養士の仕事の基本と考えています。そのために、安心・安全でおいしい食事提供に努めています! 安心・安全でおいしい食事を

 

(7)温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たく召し上がっていただけるように、保温・保冷配膳車を使用し、食堂や病棟で配膳を行っています。
(8)病棟には、お天気のよい日に富士山も見える患者食堂があり、快適に食事をすることができます。 食事の時間は、朝食7時15分、昼食12時、夕食6時以降です。
(9)朝食は毎日、和食と洋食から選べ、夕食についても2種類の主菜料理から選べる日もあります。
(10)お誕生日、ご出産の患者さんにはお祝いのお献立を用意しています。

*当院は「東京都食品衛生自主認証制度」による認証を受けた施設です。安全なお食事の提供に心がけています。

▲TOP