外科のご案内


特色・専門領域

  • 外科では消化器(いわゆる胃腸病のほか食道や肝臓、胆のう、すい臓疾患も含む)、呼吸器(気管支・肺疾患)、についてチーム診療を行っています。縦隔、乳腺、甲状腺、ヘルニア(脱腸)、痔・肛門疾患等にも対応いたしております。
  • 比較的早期に見つかったがんや良性疾患に対しては腹腔鏡や胸腔鏡などを用いた、低侵襲(傷が小さく患者様にやさしい)手術を積極的に取り入れている一方、進行したがんに対しては充実したスタッフのもとに、高度の技術に裏打ちされたもう一歩踏み込んだ外科治療と共に、放射線治療や抗癌剤治療を併用した集学的治療を駆使しております。
  • 各科専門スタッフと検討を重ねお年寄りの方でもやさしい、患者様お一人お一人に最も適した医療を、ご本人やご家族と相談しながら提供しております。

  National Clinical Databaseに参加しています。(PDF:1247KB)

【消化器外科】

  • 外科・消化器外科指導医・専門医を中心としたスタッフが消化器系の悪性疾患(がん)から胆石、鼠径ヘルニア、痔疾患などの良性疾患まで幅広く診断と治療を行っています。また虫垂炎や胆のう炎、腸閉塞、消化管穿孔などの急性疾患対しても、必要があればいつでも緊急手術を行える体制を整えており、迅速に対応が可能ですので安心してご紹介下さい。
  • 消化器がんで、現在もっとも多く治療している疾患は大腸がんとなります。大腸がんは近年最も治療法が進歩、多様化してきている癌ですが、当院では主病巣に対する腹腔鏡下手術の導入や、転移病巣(肝転移、肺転移)に対しても抗がん剤治療を併用しながら積極的に肝切除、肺切除を行うことで良好な治療成績を得ています。
  • また難治性がんであり、一般的に手術が難しいとされる肝臓がん、膵臓がん、胆のう・胆管がんに対しても、肝胆膵外科学会認定の高度技能指導医をはじめ、多くの肝胆膵外科の専門医が安全、確実に手術を行っており、その手術成績は大学病院などと比較してもなんらそん色のないものとなっています。
  • 消化器系の良性疾患では胆石症の治療を数多く行っています。あまり強い炎症を起こしていない胆のう結石に対しては、殆どが腹腔鏡下胆嚢摘出術で対処可能です。また急性胆のう炎を生じている場合でも、炎症の程度、全身状態に応じて腹腔鏡下手術と開腹下手術を使い分けています。胆石症でやっかいなのは、胆管結石による急性胆管炎であり、胆のう結石とは異なり甘く見ていると命に関わる状態とまります。当院では内視鏡を用いた胆管結石、胆管炎の治療に熟達した医師がおり、急性胆管炎に対しては迅速に内視鏡的治療を行って対応することが可能となっています。
  • 急性虫垂炎も多くの症例を治療しています。以前は受診するとすぐに開腹で緊急手術を行うことが多かった虫垂炎ですが、現在はできるだけ薬で炎症を抑えて、後日待機的に腹腔鏡下に手術を行う方針で治療しています。
  • 当院は最新のMRI・CT・超音波・内視鏡等を用いた適切そして確実な診断と、ご高齢の方や合併症のある方でも各科専門医スタッフとの検討を重ねることによる「患者様にやさしい治療」を心掛けております。また各臓器別の専門外来を設けて各種の相談に応じるようにしておりますので、気になる症状がある方は一度ご相談下さい。

【呼吸器外科】

  • 呼吸器外科指導医・専門医を中心として、肺、気管、気管支、縦隔(じゅうかく)、胸壁などの良性~悪性疾患など幅広く診断と治療を行っています。呼吸器内科と一緒に検査を行うことにより、診断を確実にするとともに安全性を確保するようにし、治療方針について最善の方法を常に検討するようにしています。
  • 気胸や胸部外傷など急性疾患に対しても迅速に対応が可能です。
  • 現在受診中の病院の治療方針だけでなく、他施設の意見も聞きたい方(セカンド・オピニオン)のご相談も受け付けています。

 

▲TOP

専門外来のご案内

  • ストーマ外来
  • 自然気胸外来
  • 心臓血管外科

専門外来のご案内はこちら >

▲TOP

外来担当表

▲TOP

診療実績

 
【代表的疾病(上位5位)(平成27年度)】
 
順位
病名
患者数
1 虫垂炎 72
2 鼡径ヘルニア 63
3 直腸癌 55
4 S状結腸癌 51
5 大腸ポリープ 49
 
【主要手術(上位5位)(部位別)(平成27年度)】
 
食道
 
順位
手術
外来
入院
合計
1 食道狭窄拡張術 5 0 5
2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 0 2 2
3 食道・胃静脈瘤硬化療法(内視鏡によるもの) 0 1 1
 
胃・十二指腸
 
順位
手術
外来
入院
合計
1 胃切除術 0 17 17
2 胃全摘術 0 7 7
3 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 0 4 4
4 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 0 3 3
4 胃腸吻合術(ブラウン吻合を含む) 0 3 3
4 胃縫合術(大網充填術又は被覆術を含む) 0 3 3
 
空腸、回腸、盲腸、虫垂、結腸
 
順位
手術
外来
入院
合計
1 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 3 66 69
2 腹腔鏡下虫垂切除術 0 41 41
3 結腸切除術 0 36 36
4 人工肛門造設術 0 18 18
5 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 0 17 17
 
直腸、肛門、その周辺
 
順位
手術
外来
入院
合計
1 痔核手術(脱肛を含む) 1 16 17
2 肛門周囲膿瘍切開術 9 1 10
3 腹腔鏡下直腸切除・切断術 0 6 6
4 痔瘻根治手術 0 3 3
4 直腸腫瘍摘出術(ポリープ摘出を含む。) 0 3 3
 
 
順位
手術
外来
入院
合計
1 肝切除術 0 18 18
2 経皮的肝膿瘍ドレナージ術 0 3 3
3 腹腔鏡下肝嚢胞切開術 0 1 1
 
胆嚢、胆道
 
順位
手術
外来
入院
合計
1 腹腔鏡下胆嚢摘出術 0 41 41
2 胆嚢摘出術 0 27 27
3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 0 17 17
4 内視鏡的胆道ステント留置術 0 14 14
4 内視鏡的乳頭切開術 0 14 14
 
 
順位
手術
外来
入院
合計
1 膵頭部腫瘍切除術 0 3 3
2 膵体尾部腫瘍切除術 0 1 1
 
気管支、肺、縦隔、胸腔、胸膜
 
順位
手術
外来
入院
合計
1 胸腔鏡下肺切除術 0 15 15
2 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 0 9 9
3 肺悪性腫瘍手術 0 6 6
4 胸腔内(胸膜内)血腫除去術 0 3 3
5 胸腔鏡下膿胸腔掻爬術 0 2 2
 
その他
 
順位
手術
外来
入院
合計
1 ヘルニア手術 0 72 72
2 創傷処理 32 7 39
3 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用埋込型カテーテル設置 0 20 20
4 痔核手術(脱肛を含む) 1 16 17
5 急性汎発性腹膜炎手術 0 16 16

▲TOP

スタッフ紹介

 
医師名 専門分野 資格
副院長 あだち けんすけ
足立 健介
消化器外科
【担当疾患】食道・消化器、腹部救急
日本外科学会認定医・専門医・指導医 
日本消化器外科学会認定医・専門医・指導医
消化器がん治療認定医
日本救急医学会救急科・専門医
医学博士
◎部長 おおた たけひろ
太田 岳洋
消化器外科 日本外科学会専門医、指導医
日本消化器外科学会専門医、指導医
日本肝胆膵外科学会評議員、高度技能指導医
日本胆道学会評議員、指導医
日本癌治療学会胆道癌ガイドライン作成協力委員
難病医療費助成制度における指定医(外科)
身体障害者指定医(ぼうこう又は直腸機能障害)
医長 よしとし けんじ
吉利 賢治
消化器外科全般の診断治療
消化器外科領域のインターベンショナル治療
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医、指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本がん治療認定医
日本消化器外科学会がん外科治療認定医
難病医療費助成制度における指定医(外科)
身体障害者指定医(ぼうこう又は直腸機能障害、小腸機能障害)
医長 やまなか すみたか
山中 澄隆
呼吸器外科

日本外科学会外科認定医・専門医・指導医
日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医・評議員
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医・指導医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医
日本結核病学会 結核・抗酸菌症認定医
肺がんCT検診 認定医師
ICD(インフェクションコントロールドクター)
日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア認定医、指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会 修了
日本医師会 認定産業医
難病医療費助成制度における指定医(外科)
医学博士

医長 かじやま ひでき
梶山 英樹
消化器外科、肝胆膵 日本外科学会専門医
医学博士
医員 かねこ ゆか
金子 由香
消化器外科 日本外科学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
がん治療認定医
日本大腸肛門病学会大腸肛門病専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会がん外科治療認定医
難病医療費助成制度における指定医(外科)
医員 ふじた いずみ
藤田 泉
膵臓(肝胆膵) 日本外科学会専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本再生医療学会 再生医療認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
公社
医員
よしだ あきふみ
吉田 明史
公社
医員
にいや ゆみこ
新谷 裕美子
呼吸器

◎は連携担当医です。

▲TOP