パントモ骨塩


パノラマ撮影

<検査内容>
歯または歯の周囲を撮影する専用装置です。歯、下顎骨、上顎洞、顎関節の状態を観察することができます。撮影は数分で終了します。さらに歯科矯正などの際の定位撮影(セファロ)もできる装置となっています。
<注意事項>
立位または座位で撮影を行います。撮影範囲内にネックレスやピアスなどの金属類があった場合外して頂くことがあります。

骨密度測定

<検査内容>
骨の密度を測る検査で、主に骨粗鬆症の診断に用いられます。DXA法(二重エックス線吸収測定法)という方法で測定を行います。エネルギーの違う2種類のエックス線を使用することにより、骨を他の組織と区別して測定します。部位は腰椎正面、大腿骨頸部を測定します。撮影は10~15分位で終了します。
<注意事項>
撮影は臥位で行います。着替え等はその際により異なりますので、職員の指示に従ってください。

▲TOP