高気圧酸素治療室のご案内


概要


高気圧酸素治療装置 と 専門医土居Dr

高気圧酸素治療とは、通常の気圧より高い圧力環境のもとで酸素を吸入することで、血液中にたくさんの酸素を溶かし体内の酸素濃度を上げる治療です。体内の酸素濃度を上昇させること、高い圧力を体にかけることで、様々な効果が得られます。

血中酸素濃度上昇効果

  • 大気圧下で高濃度の酸素を吸った場合
    血液には酸素はほとんど溶け込まず、主に赤血球によって運ばれるため、100%酸素を吸っても血液中の酸素量の上昇には限界がある
  • 高気圧環境下で高濃度の酸素を吸った場合(高気圧酸素治療)
    高い圧力をかけることで直接血液に酸素が溶けるので、赤血球の数に関係なく、血液中の酸素量を増やすことができる

高い圧力をかけることによる効果

高い気圧をかけることで体内の気体を圧縮し小さくする

当院の高気圧酸素治療

荏原病院では、重点医療の「脳血管疾患」の治療を中心に平成6年10月から高気圧酸素治療を開始しましたが、最近は脳血管障害だけでなく、高気圧酸素治療が有効な疾患に広く治療を行っています。
減圧症(潜水病)患者にはなくてはならない装置で、当院では、東京医科歯科大学、日本医科大学とともに、多くの減圧症を治療しています。平成20年には日本高気圧環境医学会関東地方会を当科で開催しました。(土居脳神経外科部長主催)

また、救急患者では突発性難聴・急性一酸化炭素中毒・網膜動脈閉塞症・ガス壊疽・急性末梢血管障害・脊髄損傷治療として成果を上げています。また、近隣医療機関からの依頼で、イレウス、難治性骨髄炎等の治療も行っています。

現在、他の疾患に対しての応用も検討中です。例として、アメリカでは糖尿病性壊疽に対し高気圧酸素治療が広く行われており、下肢切断症例が減ってきています。
スポーツ外傷への対応に関しても、検討中です。

当院の装置は「第2種装置」と呼ばれている多人数用(6人用)です。
治療中はベッドや椅子で、酸素マスクをして酸素を吸入します。
装置内にはモニターが常備され、重症な患者の場合は医師、看護師が一緒に入って治療することも可能です。
1回の治療時間は90分(通常治療)、290分(減圧症の治療)です。

 治療をご希望の方は高気圧酸素治療専門医の土居脳神経外科部長までご連絡下さい。


治療室内の様子

治療にあたってのご注意

治療には酸素を使用しています。事故防止のため、以下のものは持ち込み禁止です

  • 機械類
    補聴器・携帯電話・携帯用音楽プレーヤー・携帯用ゲーム機など全て(本・雑誌は持ち込み可)
  • 白金カイロ・使い捨てカイロ
  • マッチ・ライター等発火物
  • コンタクトレンズ(めがねは持ち込み可)

適応疾患

(イ)救急的処置の必要な疾患

  • 急性一酸化炭素中毒その他のガス中毒 (間歇型を含む)
  • ガス壊疽
  • 空気塞栓
  • 減圧症
  • 急性末梢血管障害
    • 重症の熱傷又は凍傷
    • 広汎挫傷
    • 中等度以上の血管断裂を伴う末梢血管障害
  • ショック
  • 急性心筋梗塞その他の急性冠動脈不全
  • 脳塞栓
    • 重症頭部外傷
    • 開頭術後の意識障害
    • 脳浮腫
  • 重症の低酸素性脳機能障害
  • 腸閉塞
  • 網膜動脈閉塞症
  • 突発性難聴
  • 急性脊髄障害

(ロ)慢性疾患に対する高気圧酸素治療

  • 放射線又は抗癌剤治療と併用される悪性腫瘍
  • 難治性潰瘍を伴う末梢循環障害
  • 皮膚移植
  • スモン
  • 脳血管障害
    • 重症頭部外傷
    • 開頭術後の障害
  • 一酸化炭素中毒後遺症
  • 脊髄神経疾患
  • 骨髄炎
  • 放射線壊死

高気圧酸素治療実績

平成20年度実績
治療件数   3354件

主な疾患

①突発性難聴 1072件
②骨髄炎 349件
③頚髄症 196件
④脊柱管狭窄症 155件
⑤減圧症 106件
⑥一酸化炭素中毒 105件
⑦難治性潰瘍 99件

▲TOP