総合脳卒中センターのご案内


「荏原病院総合脳卒中センター」の紹介

荏原病院では、当院開設以来重点医療課題として脳卒中急性期医療に取り組んできましたが、体制を強化して2005年11月に「脳卒中専門病棟(Stroke Care Unit:SCU)」を備えた「総合脳卒中センター(Comprehensive Stroke Center:CSC)」を開設しました。脳卒中発生患者さんの急性期集中治療に当たるとともに、脳卒中の再発予防、発生予防を目指して活動する施設です。
センターでは神経内科・脳神経外科・リハビリテーション科・放射線科の各科医師を中心とし、専門看護スタッフ、専任ソーシャルワーカーなどによる医療チームを編成し脳卒中患者さんに対する高度専門医療を行っています。
TIME LOST IS BRAIN LOST(米国脳卒中協会による啓発標語:時間が経つほど脳の機能は失われる)をモットーに以下の体制で活動しています。

  1. 脳卒中発生に対して専門医療スタッフが専用電話を携帯して救急隊や連携医療機関からの要請受け入れのため24時間体制で待機しています。
  2. 救急室に運び込まれた患者さんは専門医による診察の後、直ちに放射線科で最新機器を駆使して診断プログラムによる病巣診断・病態診断を行います。
  3. 時間との勝負になる血栓溶解療法(rt-PA)はじめとする超急性期治療を速やかに選定し開始します。必要に応じて適応患者さんはICUへ入院します。
  4. 通常の患者さんは直ちにSCU(6床)に入院して神経内科医または脳神経外科医と専門看護スタッフによる急性期専門治療が開始されます。同時にリハビリ科各種療法士による治療も速やかに開始されます。
  5. SCUでの治療により急性期を脱し病状が安定した患者さんは、神経内科または脳神経外科の一般病棟に移動しリハビリを続けるとともに、再発予防のための治療方針や社会復帰・家庭生活支援を含めた今後の療養方針を立てます。
  6. 当院は、日本脳卒中学会認定研修教育病院並びに日本神経学会教育施設に指定されています。

▲TOP

診療の流れ

▲TOP

診療設備(放射線科)

荏原病院の放射線科では,X線写真やCT,MRI,血管造影,アイソトープ検査など,さまざまな画像情報から病気の診断を行っています。
荏原病院放射線科のページへ>
CT検査のページへ>
MRI検査のページへ>

▲TOP

スタッフ紹介

病棟スタッフが毎朝ミーティングを行って新入院患者の診断,治療方針のチェックと確認を行っています。週に一度は,放射線科医師と合同でカンファレンスを行い詳細な症例検討を行っています。
院内に「総合脳卒中センター運営委員会」を設置して,センターのよりよい運営のための審議を行っています。

主な専門医療スタッフ

役職 氏名 備考
神経内科
医員 野原 千洋子 日本内科学会認定医
日本神経学会専門医
医員 須田 晃充 日本内科学会認定医
日本神経学会専門医
脳神経外科 部長 松本 浩明 日本脳神経外科学会認定専門医
脳神経血管内治療専門医
医員 久保 美奈子 日本脳神経外科学会認定専門医
日本脳卒中学会専門医
医員 加藤 優  
医員 三鬼 侑真  
リハビリ科 医長 尾花 正義 リハビリテーション科専門医
看護部 看護師長 430病棟
(SCU・脳神経外科病棟)師長
看護師長 440病棟
(神経内科病棟)師長
地域医療連携室 MSW 病棟担当 医療相談係

▲TOP

診療実績

受入患者数(28年度)

  月     脳梗塞    非外傷性頭蓋内血腫
(非外傷性硬膜下血腫以外)
くも膜下出血、
破裂脳動脈瘤
  合計   再掲:
tPA使用件数
平成28年4月 23 8 2 33 2
平成28年5月 17 5 0 22 0
平成28年6月 15 7 3 25 1
平成28年7月 17 9 0 26 0
平成28年8月 11 6 2 19 1
平成28年9月 15 5 0 20 1
平成28年10月 19 6 1 26 1
平成28年11月 21 1 1 23 1
平成28年12月 25 9 0 34 0
平成29年1月 15 7 0 22 0
平成29年2月 13 5 0 18 2
平成29年3月 20 6 0 26 1
年間計 211 74 9 294 10
月平均 17.6 6.2 0.8 24.5 0.8
割合 72% 25% 3% 100.0% -

受入患者数(27年度)

  月     脳梗塞   非外傷性頭蓋内血腫
(非外傷性硬膜下血腫以外)
くも膜下出血、
破裂脳動脈瘤
  合計   再掲:
tPA使用件数
平成27年4月 23 1 1 25 0
平成27年5月 17 5 0 22 1
平成27年6月 15 2 1 18 1
平成27年7月 31 8 3 42 1
平成27年8月 18 2 0 20 1
平成27年9月 29 9 1 39 1
平成27年10月 13 4 2 19 0
平成27年11月 24 5 1 30 0
平成27年12月 15 6 6 27 1
平成28年1月 14 11 1 26 0
平成28年2月 24 7 1 32 2
平成28年3月 18 7 1 26 0
年間計 248 70 18 336 8
月平均 20.6 5.8

1.5

28 0.6
割合 73.8%  20.8%  5.4%  100.0% -

受入患者数(26年度)

  月     脳梗塞   非外傷性頭蓋内血腫
(非外傷性硬膜下血腫以外)
くも膜下出血、
破裂脳動脈瘤
  合計   再掲:
tPA使用件数
平成26年4月 15 7 0 22 0
平成26年5月 16 4 0 20 0
平成26年6月 15 8 3 26 4
平成26年7月 23 4 1 28 2
平成26年8月 11 6 2 19 1
平成26年9月 15 5 0 20 1
平成26年10月 24 4 1 30 1
平成26年11月 15 6 1 22 0
平成26年12月 21 6 1 28 2
平成27年1月 14 8 3 25 0
平成27年2月 11 6 1 18 1
平成27年3月 18 11 1 30 0
年間計 207 71 12 290 12
月平均 17.2 5.9 1 24.2 1.0
割合 71.4%  24.5%  4.1%  100.0% -

▲TOP