感染対策チーム(ICT:Infection Control Team)

感染対策チームの目的

院内感染の予防対策や抗菌薬適正使用の具体的推進を図ることを目的に活動しています。

メンバーの構成

医師(ICD : Infection Control Doctorを含む)、看護師(ICN : Infection Control Nurseを含む)、臨床検査技師、薬剤師、放射線技師、リハビリ療法士、事務職員等で構成されています。

具体的な活動

  • 定期的に院内感染対策に関する教育と実習を行っています。
  • 院内感染に関するサーベイランスを行っています。
  • 院内感染の発生状況(細菌検査結果や抗菌薬使用状況など)を院内感染対策委員会に報告し、感染対策に活用しています。
  • 最新のエビデンスに基づき、施設の実情に合わせた経路別予防策や抗菌薬適正使用などを指導しています。
  • 特定抗菌薬(広域スペクトラムを有する抗菌薬、抗MRSA薬など)の使用に関しては届け出制をとり、抗菌薬の使用状況をチェックしています。
  • 適宜院内ラウンドを行い、抗菌薬使用症例や比較的抗菌薬の効きにくい微生物の状況を把握し、適切な対応について臨床現場をサポートしています。また環境面でのラウンドも実施しています。外科系医師による創部感染症(SSI:Surgical Site Infection)サーベイランスも行っています。
  • 培養検査陽性者、特定抗菌薬新規使用者、その他感染症の恐れのある患者(発熱・下痢・嘔吐など)についてICT内で情報を共有し、感染症や感染徴候の早期発見・早期対応に努めています。
  • 連携している他の医療機関と、カンファレンス等を通じて感染対策に関する最新の知見を共有しています。

▲TOP