看護部情報

認定看護師情報

認定看護師情報

荏原病院では、看護師のキャリアアップを応援しています。
認定看護師資格取得支援もその一つです。

認定看護師について

特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践を行い、看護現場において看護ケアの広がりと質の向上を図ります。
実践・指導・相談の3つの役割を持ちます。

認定看護師になるまで

日本看護協会指定の教育課程を受講します。

荏原病院では、教育課程への進学を支援します。
受験費用から、研修にかかる費用まで病院が負担しますので、安心して学業に専念できます。 資格取得後は、専門分野で活躍していただきます!

認定看護師紹介

皮膚・排泄ケア

皮膚・排泄ケア認定看護師は、創傷(褥瘡など)・ストーマ・失禁ケアの3領域において、専門的な知識や技術を活かしたケアを提供しています。皮膚障害が発生した皮膚や脆弱な皮膚に対して、スキンケアを中心に個別性も考慮した創傷・排泄管理を検討し、患者さんやご家族が安心して快適な日常生活が過ごせるよう支援します。

集中ケア

集中ケア認定看護師とは、生命の危機状態にある患者さんに対し、病態の変化を予測し、悪化の回避や回復のための支援を行っています。近年の医療の高度化によりクリティカルケアを必要とする患者さんはICUだけではありません。ICUと病棟看護師が協働し、患者さんに継続した看護を行うことにより、安全で安心できる入院生活と早期の回復を目指し活動しています。

緩和ケア

緩和ケア認定看護師は、生命を脅かす病気による問題に直面している患者さんとそのご家族に対して援助を行います。
患者さんやご家族の方が抱える体の痛みや、気持ちのつらさなど、早期から身体と心の苦痛の緩和を行っていきます。
患者さんの抱える苦痛を1つでも軽くして、その人らしく生活が送れるように援助していきます。

がん化学療法看護

がん患者さんの多くは、がんと診断されてから手術・薬物療法・放射線療法など多くの治療を選択しなければなりません。がん化学療法看護認定看護師は、患者さんが自分らしい生活を送りながら治療を継続できるように、治療選択や副作用などに対する不安・仕事の事など、患者さんや家族が抱えている問題を解決できるようサポートをしています。

感染管理

病院にいる患者さんや家族、面会の方、そして医療従事者など全ての人を感染から守るため活動を行っております。
普段は「手指衛生」「咳エチケット」の啓発をしたり、病院の環境をチェックしたりしています。感染対策は一人で頑張っても効果がありません。みんなで一丸となって感染対策に取り組めるようにサポートをしております。

糖尿病看護

糖尿病看護は、患者さんを生活者(糖尿病を持ちながら社会や家族の一員として生活する人)と捉えて、自分らしい生活を継続できるように支援しています。また、身体的・心理的・社会的な側面から患者さんの置かれている状況や思いに添いながら、生きがいを持って生活できるよう多職種と連携しチーム医療を行っています。

手術看護

手術看護認定看護師は、手術を受ける患者さんが安心・安全な手術が受けられ、術後の二次合併症を起こすことなく、社会復帰できるよう身体的・精神的・社会的側面からサポートしていくことを役割としています。また、特殊技術を必要とする手術室看護師の育成を行い、質の高い手術看護の提供を目指しています。

摂食・嚥下障害看護

安全に楽しく、できる限り口から食べることを支えることが摂食嚥下障害看護認定看護師の役割です。摂食や嚥下に障害を持つ患者さんの疾患は多岐にわたり、認知症や誤嚥性肺炎もその一つです。どうしたら安全に食べられ、栄養を確保できるか考えることで、患者さんや家族の思いに寄り添っていきたいと思います。

脳卒中リハビリテーション看護

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師は、脳卒中患者がその後の人生をその人らしく生きることを支援します。患者さんの望む生活を支えるべく、他職種と協働し、疾患の重篤化回避や早期リハビリテーション、生活の再構築に向けた援助を行っています。患者に寄り添い、患者の力を引出しながら生活につなげていくことが目標です。

精神科看護

身体疾患で入院している患者さんが抱える、精神的な諸問題や、精神疾患をベースに身体症状を呈した患者さん、せん妄や認知症などの患者さんにより良いケアが提供できるように実践しています。精神科リエゾンチームの活動も開始し、各職種の強みを活かし、精神的な問題を抱えた患者さんのもとをラウンドし評価しています。

このページのトップに戻る