高次脳機能障害支援普及事業
「専門的リハビリテーションの充実事業」

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

区南部圏域高次脳機能障害支援普及事業(以下「当事業」という)では、個人情報保護の重要性を認識し、以下の方針に基づき個人情報の保護に努めて活動します。

1.個人情報とは

当事業における個人情報とは、氏名、住所、施設名、電話番号、メールアドレス、その他の情報で、個人を特定できる情報をいいます。

2.個人情報の取得および利用について

当事業は、事業活動やより良いサービスを提供するために必要な個人情報を適法かつ公正な手段によって取得いたします。また以下にあげる目的のために利用することがあります。
(1) 当事業が関連する研修会や講演会、イベント等についてご案内するため
(2) 当事業の提供する相談サービスにおいて、返信先や個人特定をおこなうため
(3) 当事業が提供するサービスの向上を図るためアンケート、グループインタビューにご協力いただくため
(4) その他、当事業に関わること
当事業はユーザーの個人情報を取得する場合には、予め利用目的を明示し、その利用目的の範囲内で利用させていただきます。

3.個人情報の管理について

当事業は、管理責任者の下、取得した個人情報について適切かつ慎重な管理を行ってまいります。不当なアクセス、破壊、改ざん、漏洩等を防止するために必要な安全対策を講じ、個人情報の保護に努めてまいります。また、利用目的の遂行のために業務を委託する場合、委託先に対して契約等の措置を行い、個人情報の取り扱いに関して適切な管理、監督を行ってまいります。
当該の個人情報が不要になった場合については、当事業の業務遂行上、適切と認められる一定の期間の保管を行った後に抹消いたします。

4.個人情報の開示について

当事業は、ユーザー本人からの個人情報開示、変更、利用停止、削除の要求が行われた場合、当サービスの定める開示方法に基づき受け入れるものとします。

5.個人情報保護関連法令等の遵守について

当事業は「個人情報の保護に関する法律」、その他、個人情報保護に関する各種法令及びその他の規範を遵守いたします。

6.個人情報の第三者提供について

当事業は、法令に定める場合を除き、個人情報を、事前に本人の同意を得ることなく、第三者には提供いたしません。

7.個人情報保護に対する取り組みの継続的見直しについて

当事業は、個人情報保護に関する対策について継続的に見直しを行い、必要に応じて随時改善に努めてまいります。

8.当、プライバシーポリシーは予告なく改訂されることがあります。

当事業は、個人情報保護に関する対策について継続的に見直しを行い、必要に応じて随時改善に努めてまいります。

区南部圏域高次脳機能障害支援普及事業

▲TOP