後期臨床研修医(東京医師アカデミー)


平成30年度後期臨床研修医(シニアレジデント)募集(平成30年4月1日採用)

~ 閑静な住宅街に囲まれた、落ち着いた環境の中で研修生活を送りませんか ~

当院は、大田区・品川区を中心とした地域医療の中核を担う500床規模の病院です。
風光明媚な洗足池にほど近い、高台の閑静な住宅街にあります。敷地内に緑溢れる散策路が巡らされ、四季折々の自然に触れることができるこの地は、落ち着いて研修に取り組むのに最適な環境です。

病院の特色

総合脳卒中センター、救急医療、集学的がん医療、小児医療に力を注いでおり、感染症医療、精神科医療など行政医療にも深く関わっています。最新のMR・CTにより24時間即時、画像診断ができます。また、29学会の施設認定を受けています。
診療科間の垣根は低くコミュニケーションが取りやすいため、専攻分野にとらわれることなく広い視野を持ちつつ研修することができます。NST(Nutritional Support Team)、ICT(Infection Control Team)、SSI(Surgical Site Infection)対策チーム、褥創対策チームなど組織横断的活動が盛んなことも当院の特徴です。

研修目標
当院は東京医師アカデミーに所属しており、都立病院、公社病院群内での多施設研修が
組み込まれています。


総合診療能力と専門領域の医療を両立させる真の専門医を養成します。
救急医療をはじめ、総合病院の特徴を活かした研修を通じて確実な総合診療能力を養い、その上に立った専門領域の研修を行います。基幹学会の専門医・認定医を先ず取得し、次にサブ・スペシャリティにステップアップします。研修終了時には各自の希望する専門医資格を取得することが目標です。

研修期間 4年(麻酔科)、3年(内科、外科、精神科、小児科、放射線科)
研修コース

《基幹施設として募集するコース》

    ・内科コース         ・麻酔科コース

《連携施設として募集するコース》

    ・外科コ―ス         ・精神科コース

                         

    ・小児科コ―ス        ・放射科コース       

※新専門医制度に係る学会の動向によっては変更となる可能性有。

             

いずれのコースにおいても、日直・当直帯、通常時間帯の一次・二次救急を、各領域専門医のバックアップのもとに当番制で担当します。
また、当院で提供していない部門(例えば、健診、心臓血管外科、三次救急、腎内科、NICUなど)については他の公社病院、都立病院、大学病院で研修を受けることができます。

研修プログラム

   ・内科プログラム       ・麻酔科プログラム

※各基幹施設の 「専門 研修プログラム 」は、一次審査を通過したものであり、まだ二次審査を踏まえて修正・変更があることをご承知おきください。



応募について
採用予定数 若干名
応募資格

初期臨床研修修了者(修了予定者)および、それと同等の者。

選考日 未定
応募締切 未定
出願手続 下記の願書兼履歴書を担当あて郵送してください。
願書様式(293KB)
選考方法 面接、口頭試問選考
勤務条件及び待遇

勤務日数・・・月20日 
月額468,000円
別途、宿日直手当(1回30,000円、副宿直15,000円)・実績給あり
健康保険・厚生年金等の社会保険適用 

※ 詳細は、庶務係担当へお尋ねください。

◆その他◆

 寮要相談

 学会参加費…専門医取得に必要な学会参加費を支給します。

 図書室あり…24時間使用できます。インターネットで文献検索も可能です。

担当:庶務課庶務係 国枝
03-5734-8000(代表)
ebara_kenshu@tokyo-hmt.jp
〒145-0065 大田区東雪谷4-5-10

見学申込

見学は随時受け入れています。
希望する科と日にちを記入のうえ、上記担当者宛にメールを送信してください。
ただし、外科は月・水曜日、内科は火・木曜日、神経内科は火曜日、小児科は木曜日、精神科は金曜日、感染症内科は月・木・金曜日に限ります。


願書兼履歴書をご覧になるにはAdobe社の「ADOBE READER」が必要です。
お持ちでない方は、下のボタンより「ADOBE READER」をダウンロードし、お使いのコンピュータへインストールしてください
Get ADOBE READER

▲TOP